小包中納言物語 - AS Loves Insects -

2Eギフテッドな蟲愛づる娘のホームエデュケーション

「AI人材年25万人育成」と聞いても嫌な予感しかしない3つの理由

f:id:insects:20190426000538p:plain

 

まず第一に、これ「ポスドク1万人計画」のパクツイかと思った。冗談は止めてくれ。

www.nikkei.com

 

1.確かに人材育成は大いに結構。でも、彼らが続々と世に放たれる来るべき時代に、もしもAIバブルが下火になってたら、例えば4年×25万人=100万人もの野に放たれたAI人材を、責任持って受け入れてくれるポストあんの?大学・研究機関ですらポスドクを持て余している現状で、そんな「子ども食堂」並みの慈善事業をぶち上げてくれる営利企業なんてファミマぐらいしか思いつかないんですけど。それすら藤田孝典さんからの厳しい批判に晒される可能性大だし。

dailyportalz.jp

 

2.「AI人材育成を全大学生初年教育」という要請と、これまで推進されてきた「小学校でプログラミング必修化」という文科省の方針。これに「高校での数学必修廃止」の前川喜平氏の提言を併せ読むと、じゃあなんで高校数学から行列もベクトルも削っちゃうの?とか、ただでさえ多忙な先生たちが必死で研修を受けてきたであろう渾身のプログラミング授業なのに「先生それ知ってるよ~」と言い出したいのを必死にこらえて気を遣って「おもしろかったです。」と感想文に書くような忖度を年端もいかない幼気な小学生にさせちゃうの?とかいう想いが去来してしまうのです。

 

3.いや、上記の私の懸念はあくまで素人の憶測に過ぎません。産業界や国家の舵取りを担う学部卒のお偉いさんたちには、そのグローバルな先見性でさぞや綿密な調査と討議を重ねて描いたグランドデザインがあるのでしょう。高校数学で行列を習わず選択すらしなくても小学校のプログラミング授業と大学初年度だけで育成されたAI人材は、大小問わず多くの企業に続々と採用されて行くのでしょう。

note.mu

しかしです。果たしてそうした人材をマネージメントし、モチベーションを上げ、相応の対価を支給し、イノベーションとやらに専念できる職場環境を用意できる上司・経営者が、日本の企業文化に何人存在するのでしょうか。聞くところによると、海外でのソフトウェア・エンジニアはプロスポーツチームのアスリーツのような扱いを受けるそうです。

 プログラマーの周りには、仕様書を書いたり工程管理をするプログラムマネージャと呼ばれる職の人たちがいますが、彼らの仕事は、プログラマーたちのモチベーションを上げ、生産効率を上げることにあります。プロスポーツチームで言えば、トレーナーやコーチのような役割です。 (中嶋聡日本のIT産業は、なぜ世界に通用しないのか」)

 みなさんもよくご存知の通り、先日引退したイチロー選手もプロ野球入団当初は、ホームランを打ったのにかかわらず土井監督から「大振りになってる証拠だ」と叱られて二軍に落とされるなど、不遇の2年間を経験しています。また「平成最強のピッチャー」の筆頭に挙げられる野茂英雄投手にも、鈴木監督からトルネード投法を矯正されたり肩を痛めたのに投げ続けさせられたりと、やはり不遇の1年がありました。

しかし、二人とも仰木監督時代には7年連続首位打者と4年連続最多勝最多奪三振をそれぞれ記録しています。また、日本の「監督」に当たる役職は、メジャーリーグで "(Field) Manager" と呼ばれることはよく知られています。

 

これから年単位で25万人育成されるAI人材が存分にそのポテンシャルを発揮できることを望みたいところですが、すくなくとも我が子が高校に進学した暁には、私の本棚の奥から昔の代数・幾何の教科書を引っ張り出してきて、ベクトル・行列・一次変換などを子供と一緒に勉強したいと思ってます。

note.mu

ご報告:松田聖子さんにお会いしてきました

映画『家族のレシピ』の舞台挨拶に聖子さんが登壇する、とファンクラブから連絡が来たので早速行ってきました。

natalie.mu

もうね、前から7列目から仰ぎ見るお姿はこんなもんじゃないですよ。武道館のスタンド最前列の比じゃない。

 

「えっ!年下?」と思いました、マジで。

 

数十分に及ぶ挨拶は「緊張してる?」と客席から掛け声が飛び、「セイコ!チャチャチャ」コールが湧き起こるなど、まるでコンサートのような盛り上がり。さらに上映後は映画のテーマにもなってる肉骨茶(バクテー)のスープが振舞われるという、映画のチケット代だけではもったいないぐらいの幸せな時間でした。

映画の方は、ネタバレしない程度に個人的な感想を列挙すると…

  • 日本の水田風景はアジアと地続きなのだ
  • 日本側のロケ地は観音さまがある街に限定される
  • アジアと日本の友好を語る上で、侵略の歴史は避けて通れない
  • 人の心を掴むにはまず胃袋を掴め
  • これはもう「聖子観音」として崇拝対象だな
  • ネットで拾った私のiPhoneの壁紙画像の出典が判明

この辺が限界です。あとは是非、映画館で。

www.ramenteh.com

 

続きを読む

中学生女子がたった1人で四つ葉のクローバーを発見

f:id:insects:20190311204007j:image

 

てんとう虫が道案内してくれたので

 

付いて行ったら

 

早咲きの桜にミツバチが集まってました。

 

すっかり春ですね。

 

娘によると

 

「日当たりが悪くジメジメしたところに四つ葉のクローバーは多い」

 

とのこと。

 


娘は有言実行で早速🍀発見。

 

 

 

日当たりが悪くジメジメしたところにこそ

四つ葉のクローバーは育つ───

 

 

娘よ、

 

四つ葉のクローバーのように生きろ。

 

 

insects.hateblo.jp

 

理想の数学先取り学習教材を求めて (3)

前回の記事を書いた段階ではまだ迷いながらの実験途上でしたが、その後も娘と試行錯誤を重ね、Twitterで情報を頂いたりするうちに、比較的ベターな数学の先取り学習教材もだいぶ絞られてきました。以下、これまでの記事と重複する部分も折り込みつつ、現在の到達点を記録しておきます。

  • 小学校算数
    • 小学校検定教科書+Eテレ
    • 親が読むべき副読本
  • 数学
    • 体系数学
    • 三省堂・旧課程「高等学校の数学」シリーズ
    •  ハイステージ数学

 

続きを読む