小包中納言物語 - AS Loves Insects -

2Eギフテッドな蟲愛づる娘のホームエデュケーション

ホームエデュケーション 12月のメニュー

本日は、主に英語を中心に、我が家の学習スタイルを記録しておきます

このところ体調不良なので「ライブラリ・スクーリング」ではなく、文字どおり在宅でホームエデュケーションしてます。久しぶりに軌道に乗っています。そこで、以前から興味のあったマインドマップ・アプリに、今月の予定を打ち込んでみました。グリグリ動かせるので面白いです。いじってみて下さい。

 

 

英語

Oxford Reading Tree

多読でおなじみ、イギリスの国語教科書シリーズです。

不登校の不安からか寝付きの悪くなってしまった娘の寝かしつけにと、読み聞かせをStage 1 から始めて1年ほどが経ちます。今ではStage 7 まで来ました。途中、Stage 5 ぐらいまでは音読も出来ていたのですが、Stage 6 からは頭打ちになり、しばらく中断した時期もありました。そんな感じでゆる~く音読を続けています。

そして先日、ついに念願の“The Motorway”に突入。この物語は非常に思い入れのある一冊です。ネタバレ寸前まであらすじをご紹介すると、主人公の小学生のあばあちゃんの住んでる田園地帯に、高速道路(国道)の建設計画が持ち上がります。貴重な田園風景が失われてしまうことを危惧したおばあちゃんは、村の家々を回って建設反対運動を持ちかけます……

どうですか?日本の学校で、政府や自治体に対する反対運動のやりかたを手ほどきする教科書が授業で扱われるでしょうか。教科書会社がこのようなストーリーを採用するでしょうか。文科省は検定を通すでしょうか。Brexitですっかり評判を落としてしまったイギリスですが、草の根からの民主主義のプロセスに小学校から親しんでいる国民性がよく現れていてるように感じます。

f:id:insects:20171210020707j:plain

Oxford Reading Tree Download Centre | Oxford University Press

ORTのシリーズは、まともに買い揃えると高額なので、我が家はブッククラブに入会してレンタルを利用しています。

くもんの中学英文法

朝は目覚めに『くもんの中学英文法』の、例文だけ音読していきます。説明文は黙読。一日に1見出し、2 Stepsづつ進めていきます。このペースですと数ヶ月で1周できる計算です。

昨今は、やれ四技能入試だとか、「英語のことは英語で」だとか、小学校で英語義務化とか、コミュニケーション重視とか、英会話ばかりが優先される風潮があります。片や、英文法は日本人が英語をしゃべれない最大の原因として槍玉に上がっており、小学生向けの英語教材も、明示的に英文法を習得させる教材は少数派です。

しかし、娘の多読体験に限っていえば、「英語のことは英語で」を続けても、一定レベルで頭打ちになったのは前述のとおりです。基本的なPhonicsもほぼマスターしたので、文字情報を音声に変換するだけなら読み進められるのですが、「もっと効率的に、英語のままで意味が分かるような、英語の法則ってないの?」と訴えてきました。「つまらなければ、やめる」「理解できる本だけ読む」では、いつの間にか飽きてしまっていたのです。

 

「英語の法則」──すなわち英文法を娘は欲しているのだな。

そう推理した私は娘を本屋に連れていき、店頭で『中1英語をひとつひとつわかりやすく。』と、『瞬間英作文』で推薦されていた『くもんの中学英文法』を比較させてみました。「まとまってて読みやすい」という理由から、後者が選ばれたというわけです。

 

一時期はORTをしばらくお休みする代わりに、英文法だけは毎朝音読を続けていました。現在は中3レベルの文法まで差し掛かっていますが、再びORTを読み聞かせたところ「ああ、これはそういう意味だったのか」「いつも出てくるこの単語の謎が解けた」と言いながらスムーズに理解できている様子です。

もともと言語理解のスコアが高いという特性もありますが、意欲的な小学校高学年であれば、高い金を払って英会話教室に通わせるより、よほどコスパの良い学習法なのではないでしょうか。

 

図工

こちらはいつもどおり、週に一回だけ在籍校に通えるチャンスの「図工室登校」、小さい頃から通っている「アトリエ教室」に加え、マインクラフトでの建築、さらにはネット上でキャラクターグッズの販売も始めました。

suzuri.jp

さらにシン・ゴジラの地上波初放送以降、言い知れぬ親近感を覚えたらしく、なにやら創作意欲に火が点いてしまい、いわゆる 「顕著な突き抜け感」が出てきた模様です。

 

 

 

理科

もうおわかりですね、娘の場合、毎日が飼育と観察の学習です。

 

社会

「暗記は苦手」という娘でも、そこは無類のマンガ好き。角川から出た『日本の歴史』シリーズを1日1巻というペースで読み進めています。果たして今後何周するのでしょうか。ともかく「丸暗記するのではなく、結果的に覚えてしまう」というスタイルなら、娘にも負担がないと思われます。

 

数学

 これに関しては過去記事をご覧下さい。比例と関数は飛ばし、先に図形に取り組んでいて、しばらくブランクがあったものの順調に進んでます。

insects.hateblo.jp

 

国語

娘はとにかく自分の意見や気持ちを言語で表現するのが苦手。

低学年の頃にグループ学習やアクティブ・ラーニング型授業でせっかく発言しても無視されたり、ことごとく反対されたりしたトラウマからか、作文や発言・発表といった類の自己表現に対し、恐怖心を植え付けられてしまったのだそうです。

 

ところが、そんな娘に変化が現れたのは、私のTwitterアカウントを乗っ取り、フォロワーの皆さんと呟きあうようになってから。

「パパ、思ってることを文字にするって難しいけど練習になるね!ウチもだんだん自分の考えを言葉にできるようになった気がする。」

と、しばしば嬉しそうに「自分の気持ちを言葉に」してきます。

今ではフォロワーさんに留まらず、気になるワードで検索をかけて、カマキリ警察になりつつあります。これもひとえに、Twitterでお相手して下さる皆様のおかげです。末筆ながら、御礼申し上げます。